スレート、コロニアル

建坪10坪のスレート屋根のカバー工法費用

建坪10坪、面積49.3㎡/スレートの各材料でのカバー工法費用

下のサンプル屋根を用いて各材料でのカバー工法の工事概算費用を計算します。

スレート、コロニアル屋根の重ね葺きで、ガルバリウム鋼板(SGL)、ジンカリウム鋼板、アスファルトシングル(シングル材)での各工事価格概算で、足場の費用、撤去費用、廃材処分費は、各工事とも全く同じ工事、金額です。各材料とも本体の施工費用、部品の施工費用の違いを見てください。

各部の名称、本体以外の部品、数量については、下の図を参照してください。

建坪10坪の家のパース

ガルバリウム鋼板でのカバー工法費用:

葺き替え項目金額単価数量単位備考
ルーフィング施工費¥ 44,370¥90049.3平米NEWライナールーフィング 耐用年数:30年
ガルバリウム鋼板
本体施工費
¥ 320,450¥6,50049.3平米スーパーガルバリウム鋼板仕様
棟部分施工費用¥ 19,080¥3,0006.36
2階建大屋根の棟
軒先水きり部分¥ 21,195¥1,50014.13軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 40,150¥2,50016.06切り妻屋根の横部分
壁の取合部分雨抑え¥ 21,000¥3,5006.0一階下屋の壁と屋根との間の部品
足場設置&解体費用¥100,000¥800125平米工事の為の足場費用
諸経費(工事費の5%)¥ 28,000
税抜き合計¥594,000
10%税込み合計
(千円未満四捨五入)
¥653,000

===============

 

ジンカリウム鋼板でのカバー工法費用:

葺き替え項目金額単価数量単位備考
ルーフィング施工費¥ 44,370¥90049.3平米NEWライナールーフィング 耐用年数:30年
ジンカリウム鋼板
本体施工費
¥ 345,100¥7,00049.3平米純正品仕様
棟部分施工費用¥ 31,800¥5,0006.36
2階建大屋根の棟
軒先水きり部分¥ 35,325¥2,50014.13軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 64,240¥4,00016.06切り妻屋根の横部分
壁の取合部分雨抑え¥ 27,000¥4,5006.0一階下屋の壁と屋根との間の部品
足場設置&解体費用¥100,000¥800125平米工事の為の足場費用
諸経費(工事費の5%)¥ 32,000
税抜き合計¥680,000
10%税込み合計
(千円未満四捨五入)
¥748,000

===============

 

アスファルトシングルでのカバー工法費用:

葺き替え項目金額単価数量単位備考
ルーフィング施工費¥ 32,045¥65049.3平米ゴムアス仕様
アスファルトシングル平部施工費¥ 271,150¥5,50049.3平米
平部以外の屋根部分¥ 60,000平部と同材料使用
足場設置&解体費用¥100,000¥800125平米工事の為の足場費用
諸経費(工事費の5%)¥ 23,000
税抜き合計¥486,000
10%税込み合計
(千円未満四捨五入)
¥535,000

===============

※各価格は、概算で価格を保証するものではありません。正確な費用は、屋根屋の現地調査の後に正式見積をとってください。相場価格は屋根工事お助け隊の独自の相場感で出しています。

使用したサンプルの家と屋根の図面:

10坪の屋根伏図

建坪10坪、屋根面積:49.3㎡、2階建ての家モデルを使って、いろいろな屋根材、工法での屋根葺き替え費用、相場を概算いたします。使う屋根材は、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、トタン、瓦、アスファルトシングル、工事の方法は既存材料の撤去工法、重ね葺き工法(カバー工法)などです。

ここで使う家、屋根の仕様:

  • 建坪(一階床面積):10坪、33㎡
  • 屋根:切り妻型、
  • 面積:49.3㎡(1階:4.14㎡、2階:45.18㎡)
  • 材質:スレート材
  • 工法:スレート材撤去、カバー工法の比較
  • 葺き替える屋根材:ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、アスファルトシングル材の比較
  • 屋根勾配:4寸:4/10
  • 軒先の長さ、1階:3.13m、2階:11m
  • けらばの長さ、1階:2.86m、2階:13.2m
  • 壁の取り合い:長さ、1階:6.0m
  • 2階の棟の長さ: 6.36m

まとめ

建坪10坪、屋根面積:約50㎡:スレートを撤去して各屋根材で葺き替える概算費用:

  • ガルバリウム鋼板:¥832,000(税込み合計)
  • ジンカリウム鋼板:¥927,000(税込み合計)
  • アスファルトシングル材:¥731,000(税込み合計)

スレート屋根の工事には工事費用が有利なカバー工法もあります。参考

参考:本体以外の役物(屋根部品)

屋根の役物の位置

棟部分:赤の矢印

屋根の天辺、この屋根は切り妻なので、二階に1本あります。スレート屋根の場合は金属のカバーがあります。これを「棟板金」と言います。

軒先部分:緑の矢印

屋根で雨水が最終的に雨樋に落ちる部分、雨が確実に雨樋に行くように、屋根の裏側にいかさない為の役物として、軒先に施工する役物です。「軒先唐草」と言います。この軒先唐草がないと雨水は軒先の裏側に回り込み軒天を濡らして腐食の原因になります。確実に雨樋に水を導く役物、部品になります。

けらば部分:ピンクの矢印

軒先とは別の端にあり、勾配がわかる部分です。ここからも雨水の侵入があり、それを防ぐ為の部品があります。けらばの雨抑えです。「けらば」は切り妻、片流れの屋根にある部分の名称です。

壁の取り合い部分:黄色の矢印

この屋根では、二階の壁と一階の屋根の境界に当たります。強い風雨ではここから雨が入り込みますので、それを防ぐ部品が必要です。「壁の取り合い部分」と言います。

屋根の役物、部品はおおかたが、本体のスレート材、材料で雨を防ぎきれない部分は、専用の部品を使って雨漏りを防いでいます。

10坪のスレートを撤去した葺き替え概算は以上です。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-スレート、コロニアル

© 2021 屋根葺き替え・屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5