瓦の耐用年数60年:これ以上強固な屋根材はない

瓦の耐用年数は60年、その根拠は?

瓦の耐用年数を正確に記したものは多分ありません。しかし「CASBEE」に参考として瓦の耐用年数が書いてあります。瓦のメーカーもこの数字を使っていて、瓦の耐用年数は60年と言われています。

CASBEEとは何か?

CASBEE:Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency
の頭文字を取って「CASBEE」日本語では「建築物総合環境性能評価システム」と言います。国土交通省の支援を受けて産・学・官の共同で住宅の総合的な環境性能を評価するシステム、評価ツールです。一般の人がわりと手軽に、これから建てる住宅や今持っているもののリフォームなどを行うに際して住宅の環境を評価し、より良い家を作る目的でつくられました。このツールの中にCASBEE-戸建というものがあって、ここに瓦などの屋根材の耐用年数が書かれています。

CASBEE-戸建:
URL:http://www.ibec.or.jp/CASBEE/cas_home/cas_home.htm
この中からマニュアルをダウンロードして、マニュアルページ、P.51にその記載があります。それによると、各屋根材の耐用年数は:

・和瓦(洋瓦):60年
・カラー鋼板:15年
・フッ素樹脂鋼板:30年
・銅板:60年
・ステンレス板:50年
・塩化ビニル波板:10年
・アスファルトシングル:30年

和瓦と洋瓦が同じ60年となっていますが、目安と考えてください。正確な瓦の耐用年数は誰も言えないです。(他の屋根材もきちんと測定して規定したわけではありません)瓦のメーカーでさえこの数字を言っています。測定するのが難しいでしょうし、何をもって、どうなったときが耐用年数の終わりなのか?それさえ定義ができないと思います。

瓦にもその製造方法に種類があって、少しづつ耐用年数が違っています。おおよその数字です。

・釉薬瓦:陶器瓦:60年以上
・燻瓦:銀黒等:30年~50年程度
・素焼き瓦:40~50年程度
・セメント瓦:20年程度

釉薬瓦、銀黒屋根の例

素焼き瓦、セメント瓦画像

瓦は粘土から作り、型で成形したものを釉薬を塗って高温で焼き上げた「釉薬瓦、陶器瓦」、松材や松葉で燻して、表面に炭化層をつくりる「いぶし瓦、燻瓦」。粘土そのものの風合いを残した素焼き瓦などがあります。セメント瓦は文字通りセメントを高圧で圧縮し、固めて作った瓦です。

陶器瓦は塗った釉薬が高温でガラス質になり強固な防水層を形成します。雨が内部に浸透して割れたり劣化することがなく、耐久性に優れています。いぶし瓦は表面を覆う炭素膜によって、防水や色彩を保っていますが炭素膜の劣化が瓦の寿命となります。陶器瓦が半永久的であると思われているのに対し(実際は60年より長いと思われています)いぶし瓦は少し短く40 ~50年ほどです。素焼き瓦は粘土をそのまま窯で焼きヨーロッパの瓦でよく見られ、耐久性はやはり40~50年です。

瓦の寿命が屋根の寿命ではありません

では瓦の寿命が60年として「屋根」の寿命は60年なのでしょうか?

「屋根の」寿命、耐用年数は2つの意味があると思います。屋根の機能として、1:家そのものであり、家の景観美観を形成する、2:雨漏りから家を守る機能、の2つです。屋根は家の一部ですから美観、デザインの美しさは家の美観そのもの、家の美観が失われたら寿命の終わりです。瓦はその意味でかなり長期に劣化せず、釉薬瓦などは60年劣化しないことが予想されます。

しかし、2の「雨漏りから家を守る機能」は瓦だけで実現しているわけではありません。何故かと言うと雨漏りを”完全”に防いでいるのは瓦ではなくルーフィングだからです。ルーフィングは60年も持ちません。せいぜい20年程度なので60年の前に雨漏りが発生する可能性大です。雨漏りの修理があちこちで発生したらそれは屋根の「2」の機能の喪失です。しかし、瓦の寿命まではかなりの時間が残っていますので、この場合、瓦の寿命が終わったのではなく、ルーフィングの寿命で、ルーフィングの耐用年数の終わりなのです。

ですから、瓦はまだまだ使えるので、ルーフィングだけ交換する、所謂、瓦の「葺き直し」という作業があります。既存の瓦をそのまま使ってルーフィングを交換する 作業です。屋根の耐用年数は、2:の意味では、ルーフィングの耐用年数とほぼ同じと考えられます。故に「屋根の葺き替え」か「葺き直し」をしなければなりません。

ここでは、一般に「瓦」の耐用年数は、「屋根」の耐用年数より長い。・・・「2」の機能

また、瓦の美観が損なわれたら、屋根の美観も損なわれるので、「1」の機能では瓦の耐用年数と屋根の耐用年数は同じと考えられます。

どの屋根も同じですが、耐用年数の意味「1」と「2」を区別して考えてください。

瓦の種類別・耐用年数

瓦の種類は;

  • 釉薬瓦:耐用年数 約60年と言われています。粘土に釉薬を塗って焼いた焼き物で一番寿命が長い瓦です。
  • 素焼き瓦:粘土を成形してそのまま焼いた瓦です。耐用年数40年と言われています。
  • 燻製瓦、燻瓦:銀黒の瓦がこれになります。燻すことで、表面に酸化の皮膜ができて表面が強固なものになり、美しさがでてきます。耐用年数40年

いずれの瓦でも、公共機関などが測定しこの耐用年数を確実に言っているところはありません。すべて屋根業界、関連団体、屋根屋などが言っているものです。瓦のメーカー自身も耐用年数の測定はしていなくて、あるメーカーは「CASBEE」に60年と書いてあるから、60年と言っている。と答えています。

私がメーカーへの聞き取り調査でも、はっきり根拠を持って耐用年数を証明するものはないようです。あくまでも目安ですが、瓦が60年以上の耐用年数があるというのも、神社仏閣などでは、それ以上使っている瓦もありますので、瓦はかなり長持ちをする屋根材と言えます。

以上です。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-
-, , ,

© 2022 屋根葺き替え/良い屋根屋の探し方,相談,屋根材,工法 Powered by AFFINGER5