屋根工事お助け隊メインロゴ画像

屋根葺き替え/費用・工法・材料・断熱の相談/屋根屋の紹介

お電話を頂ければ屋根葺き替えの概算もその場で回答します

業者探しも重要ですが、まずは工事の費用がいったいどのくらいかかるのか?数万円なのか?数十万円なのか?100万円以上なのか?200、300万円なのかまず知りたいと思います。屋根の広さ、1階の間取り、今の屋根材、築年数、葺き替えたい屋根材などを教えて頂ければその場で概算をお知らせします。

更に図面があればメール、FAXでそれを送って頂いて、より正確に屋根の面積が計算でき、より正確な費用を出すこともできます。また、複数の屋根材での葺き替え概算も出すのは容易で、費用の比較が簡単にできます。是非相見積をとる前段の情報として利用して頂きたいです。

屋根葺き替え概算に必要な情報:

  • 屋根の面積(分からなければ一階の間取りから類推)
  • 既存の屋根材は何か?
  • 新しい屋根材、希望の工法など要望

既存の屋根材を考慮しながら、予算をお聞きし、今現在の最適な最新の屋根材をお知らせします。今貰っている他社の見積を見れば相場に対して高いのか、安いのかわかります。そしてその見積の工事の方法などが分かることがあり、それについても適切な工事なのか、もっと良い工法があるのか?他に良い屋根材の候補があるのかなどをアドバイス可能です。

相場をお知らせ・サブたいとる画像

他のサイト、業者、建築会社などより的確なアドバイスができます

一般に信じられていること、他のサイトが主張していることは、正しいことばかりではないことがあります。お客様からの電話では、屋根屋によって言うことが違い誰を信用すれば良いか分からないと言った相談も多く寄せられています。自社の利益だけで都合の悪いことは隠しているなど、お客の為のアドバイスがなされないこともしばしば。

スレート屋根の塗装は今するべきなのか?修理か?葺き替えか?本当のことを「言っている屋根屋が少ない」と、お客様の相談を聞いていると感じています。誰かが本当のことを言っていません。ただ己の利益の為だけを考える業者は「良い業者ではないと思っています。

見積を見たり、営業が何を言ったかを伺えばその会社がお客様の利益を充分考えているかどうかが分かります。お客様が屋根の現状を正確に知り、屋根の工事について少しお勉強をすれば自ずと何をすれば良いか理解できます。屋根工事の知恵、知識をお知らせするのもこのサイトの役割です。

私のサイトは屋根工事、屋根葺き替えについて、費用、材料、工法、屋根屋の選びかたの根幹がわかるように書いています。そして電話でお話できれば、更に理解が深まると信じています。是非、屋根工事お助け隊に相談してください。正しい屋根の工事はここからはじまります。

 

材料工法に適した、信頼できる屋根屋を紹介します

  • ご希望の屋根材、工法ができる最適な屋根屋を紹介します。
  • 相見積でも問題ありません。屋根屋との直接取引になります。

屋根屋ならどこでも良いというものではありません。例えばガルバリウム鋼板の施工は得意だが石粒付鋼板はやったことがない、とか石粒付鋼板も施工が得意な瓦屋根屋など、屋根屋の事情もまちまちです。電話で既存の屋根材と希望を聞いて一番良いと思われる業者を紹介します。機械的に屋根屋を割り振ることはしていません。

屋根屋の判断サブタイトル画像

特に石粒付鋼板は得意で相場の価格で仕事も綺麗な業者。石粒付鋼板はあまりやらないがガルバリウム鋼板はどの業者より良い仕事ができるなど、屋根屋にも得意、不得意分野がありそれはサイトや広告、電話ではわかりませんし、営業のお話でも多分分からないと思います。

実際にその業者の工事現場で仕事を見、現場の職人さんの動きを観察しなければその屋根屋のチームが良い仕事ができるかどうかは、実際には分からないのです。

お客様の事情、希望を聞いてから最適な業者を紹介します

このサイトは、屋根屋ならどれでも紹介するところではありません。また一度提携しても見積価格が他の提携屋根屋と比較してかなり高い、お助け隊の相場感とずれている業者、私の目に不都合な仕事振りである屋根屋は紹介しません。お客様から見積を見せてもらいますが、工務店、リフォーム会社の見積価格は総じて価格が高いです。

そして高いから良い仕事をしてくれるか?それは考え難いです。中間の工務店やリフォーム会社がマージンを乗せていますので。もし屋根屋直接の見積と同等の金額だったら、屋根屋は相当低い金額で工事を請け負っています。これで良い工事ができるでしょうか?

相場よりかなり安い業者はどうなのか?相場よりかなり価格の低い見積は殆どみませんが、例えば相場より20%程度安い業者。利益を確保するために何を考えるか?

材料費を削る、人権費を削る、工事の工程を削る、仕方ないので儲けを削るなどをやります。元請けや棟梁の儲けを削るだけなら問題ないのですが、材料費や人権費を削って良い屋根屋ができると思いますか?

職人のやる気はなくなり、ミスをしても手直しせずそのまま、工程を簡略化し(所謂手抜き工事ってこと?)手間を省くなどなどが発生します。もしかしたら職人ではなく、アルバイト(といっても職人と区別がつかない人)が工事をやるかもです。これって結構恐ろしいです。

最適な屋根材何故それがお薦めなのか?何故その材料はお薦めではないのか?

良く「ニチハの横暖ルーフαS」が良いです。とかいきなり具体的な屋根材のメーカー、製品を薦めてくる業者がいますが、何故それがだめなのか?お話しできます。使ってはいけない屋根材もあり、その屋根材が何故だめなのか?詳しくお知らせします。信じるか信じないかはお客様次第ですが、もしその問題の屋根材での工事依頼、見積依頼をされても、申し訳ないですが屋根工事お助け隊としてはお断りしています。

お客様の利益の為と我々の利益の為にお断りしています。受けたい提携屋根屋もいるかもしれませが「屋根工事お助け隊」としてお断りします。

逆にお薦めの屋根材なら、その屋根材の分かっているメリット、デメリットをカタログ、Web上の公開情報、屋根屋の評判、お客様の評判など全てお知らせして、お薦めします。お薦めする理由が重要です。良く耐用年数だけで石粒付鋼板を薦める業者がいますが、デメリットもあり、それをお伝えしないと後で後悔するのはお客様です。一方通行的なセールスはしていません。

耐震断熱の効果的な工法、材料はどれか?電話でアドバイスできます

  • 耐震・耐震の意味、計算のやり方について詳しく解説します。
  • 屋根が軽くなったらどれくらい耐震に効果があるか解説します
  • 屋根の断熱性能について説明できます。
  • お客様の屋根を葺き替えたとき、その断熱について説明します。
  • 費用的に最も効果の高い工法をお知らせします。

断熱、耐震のサブタイトル画像

瓦から軽量なガルバリウム鋼板に替えると耐震に有利であると考えられています。屋根が軽くなるから、重心の位置が変化して耐震に強くなるからと、分かったような回答が返ってきますが、ではどのくらい良くなるのか?には全く答えることができません。屋根屋の仕事ではないということもありますが、瓦からガルバリウム鋼板へ屋根が軽くなった時の耐震計算はきちんと計算できます。

これについても詳しく電話でアドバイス可能です。

断熱性能についてはかなり相談が多い事項で、一般の屋根屋、建築会社、リフォーム店では正確に答えてくれません。これも屋根屋の仕事ではないのかもしれません。屋根材のメーカーさえ自社の都合の良い実験方法で実際に家に施工した状態での測定はされていないのが実情です。いろいろとできない事情があるのかもしれません。

お助け隊では、主だった屋根材について、比較実験をしてその結果を公開しました。電話で断熱性能について話すと1時間ぐらいお話ができるのですが、実際のデータを見て頂きたい。電話では更に解説を加えたいと思います。今までの常識、メーカーの言っていることの真実がわかると思います。

これについては是非お電話ください。

貰った見積が相場か?工事の内容が適切なものか?お答えします

  • 見積の価格は、お助け隊の相場感と比較して高いのか?安いのか?お答えできます。
  • 貰った見積から、どのような工事か、希望の内容かが分かります?
  • 工事の工程、材料の名前があれば最新なのか?良い材料なのかも言えることがあります。

貰った数社の相見積で費用の金額がバラバラ、工事のやり方も違う、提案も違う、どれが相場でどの提案が信用できるのか?分からないで困っている。という相談も相当多いです。まず、工事の費用が高いか相場か?はおおよその工事相場を知らないと分かりません。一番多く相談いただくスレートからガルバリウム鋼板への葺き替え費用は、データから類推できました。リンクから別ページで確認してください。石粒付鋼板トタンの葺き替えについてもお助け隊の相場感ではありますが、お知らせしています。参考にしてください。

見積を見るだけでどのような工事をするのか?おおよそ分かります。既存の屋根材の撤去項目があれば新しい屋根材での葺き替え工事であり、ルーフィングの項目があって既存の屋根材の撤去項目がなければ、カバー工法工事になります。しかし、見積は各社独自の書き方なので、工事の工程順に書いてあるとは限りません。

工事の順通りでないバラバラな書き方では、どのような工事なのか?工程はどのようなものなのか?理解するのに、読み込まなければなりません。基本は屋根の構造が分かっていれば難しくないです。屋根の構造は単純ですので、これさえ押さえておけば、見積の工事項目を見ればどのような工事かが直ぐに理解できます。

また、自分が打ち合わせで出した希望の工事あ見積に反映されていることで、依頼の通りの見積になっていて、そのおのおのの項目の金額が分かるはず?です。

中には、「トタン、瓦棒施工一式」・・・¥〇 〇 〇 というように内容が分からないものも多いですが、その場合は屋根屋に言って一式ではなく、何の屋根材がそこに含まれているか?明細も貰うべきと思います。

その業者の言っていることが本当なのか?嘘を言っているのか?または誇大広告に近いものなのか?判断するには、お客様のほうもある程度知識が必要です。その基礎知識となるものがこのサイトです。

屋根の工事、葺き替えの工事はどこに相談、依頼するのが良いのか?

屋根の工事を相場で綺麗に仕上げるためにまず、良い業者を探すのに苦労します。当サイトでは、屋根屋直接に見積を依頼し(相見積必須です)その屋根屋といろいろお話をするべきと主張します。できれば当方を選んでいただきたいですが、その屋根屋が本当のことを言っているのか?その判断をするための知恵、知識をこのサイトでお勉強して欲しいと思っています。もちろん電話では更に詳しいお話も可能です。まずこのサイトで屋根工事に関する知恵、知識を知ってください。

一般に工務店や建築会社は直接工事をしません。屋根屋は工務店や建築会社の下請けとして仕事をしていて、工務店や建築会社に余計なマージンを払わないといけないです。リフォーム専門店、ホームセンター経由なども同様です。中間会社が入れば必ず中間マージンが発生します。

また、建築会社、工務店の営業は屋根のことは殆ど知識がなく、しっかりした提案、アドバイスが期待できません。間違った提案、工法、材料の提案もすることもしばしばです。

 

トップページの内容は以上になります。

更新日:

Copyright© 屋根葺き替えは屋根工事お助け隊まで , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.