ジンカリウム鋼板

石粒付鋼板/耐用年数50年、保証30年、軽量で雨音しない

石粒付鋼板(石粒付ガルバリウム鋼板)は50年の耐用年数

 石粒付鋼板の耐用年数は、50年以上あります。

石粒付鋼板のタイトル画像

最近は石粒付鋼板の耐用年数を記載した記事がないと感じますが、私だけでしょうか?お助け隊では、石粒付鋼板の耐用年数50年は変える気はありません。耐用年数は保証値ではありませんが、何故そう言えるか解説します。

簡単に、お助け隊でも良く契約を頂く、ディートレーディングの製品の広告は;

「30年以上経過したディートレーディングの屋根は苔やカビの汚れも少なく、美観を保ちます」とあります。また、保証は30年で、その内容は;

  1. 基盤ジンカリウムのサビによる漏水保証30年
  2. 基材石粒の極度な褐色(色落ち、茶色への変色)保証30年
  3. 基材石粒の極度な剥離保証30年です。

石粒の劣化は少なくとも30年大丈夫ということを言っています。「極度」という文言がありますが、少しは変色し、剥離があると。でもほとんど大丈夫と言っています。これを信じるなら、30年を過ぎて、最悪全ての石粒が剥離し無くなってもその下は※ジンカリウム鋼板です。

※ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板と同じ鋼板で、ガルバリウム鋼板の耐用年数は開発したメーカーの実験で25年の耐用年数があることが分かっています。つまり、30年+25年=55年で、耐用年数は55年あることになります。もう一度いいますが、保証値ではありません。

極端な石粒の剥がれ、色の変色は30年の保証ですから、ほぼありません。つまり石粒は変色もせず、かなり残っていすはずです。この石粒が全て無くなるのに数年、もしかしたら十年以上、ジンカリウム鋼板が見えてきたら、ジンカリウム鋼板(ガルバリウム鋼板)の耐用年数が25年以上なので、すくなくとも50年以上この鋼板は雨漏りのない材料と言えます。

石粒付鋼板の組成/材料の構成

石粒付鋼板はガルバリウム鋼板の上に細かい石粒をアクリルでコーティングしたガルバリウム鋼板よりも高耐候性の屋根材です。各メーカーの製品仕様はほぼ同じで、保証30年、美観保証10年(耐用年数50年以上:これは記載されていないことが多い;なのでお助け隊の文言です)。

石粒付鋼板 構成 組成

・高耐候性:材料保証 30年、美観保証 10年
・耐用年数(雨漏りしない年月):50年
・ガルバリウム鋼板のように雨音がしません。表面の石粒が雨を拡散
・表面に傷などは付かない。そこからサビが発生することもありません
・スレートのカバー工法が可能。
・軽量:平米あたり 7Kg、瓦の1/6の重量

石粒付鋼板は軽量で耐震に強い屋根材です。瓦:40Kg/平米、ガルバリウム鋼板:5kg/平米、スレート材:20kg/平米でガルバリウム鋼板とほぼ同じ重さ。

※ジンカリウム鋼板:

ベツレヘムスチール社が1970年にGalvalume®を開発しました。このメッキ鋼板を世界中に広める為に、世界大手鉄鋼会社にこの生産と販売のライセンスを供与しました。そのうちの一社はこのGalvalume®をZINCALUME®として発売しました。(2019年春現在Blue Scope社が商標権を持っています)

ですから、ZINCALUME®はガルバリウム鋼板と全く同じ製品なのです。しかし、一部の日本の業者はこのガルバリウム鋼板をジンカリウム鋼板と言っている為に、日本では混乱しています。石粒付鋼板のことをジンカリウム鋼板と言ったりしていますが、正確には間違いで、ガルバリウム鋼板のことです。

軽量な屋根材/瓦に比べて遥かに軽量な屋根材

石粒付鋼板の材料の重さは、7Kg/㎡で、瓦:45Kg/㎡、スレート材:20Kg/㎡。瓦の15%、スレートの35%の重さしかありません。ガルバリウム鋼板(5Kg/㎡)より少し重たいだけです。瓦からの葺き替え、スレートからの葺き替えで屋根の重さが軽減され、家全体の重量も少しだけ軽減されるので、耐震に有利になります。

ガルバリウム鋼板より雨音が小さい

同じ軽量な金属屋根材であるガルバリウム鋼板の最大の欠点である雨音の問題がありません。それは、表面にコーティングしてある石粒に雨粒が当たると、雨が細かく拡散されるので、振動が抑えられ音がしません。実際に実験をして比べてみました。

石粒付鋼板の雨音:

 

ガルテクト(ガルバリウム鋼板)の雨音

音では良くわからないときの、データの視覚化: 赤い矢印が音圧レベル最大値:ガルバリウム鋼板のほうが大きい音になっています。音の編集ソフト使用。各雨音測定条件は一緒。あくまでも相対的な測定ですので、お客様の屋根の雨音とは異なります。ガルバリウム鋼板と石粒付鋼板との雨音比較測定になります。

ガルバリウム鋼板と石粒付鋼板の雨音測定グラフ

測定には、BOXに各屋根材を施工し、中でスマホを置いて音の収集。雨はシャワーで降らした、その水の量は、降水量に換算して60mm/時間なので、結構台風並みの雨量です。

まとめ

石粒付鋼板の耐用年数は、50年以上、保証は30年(ディートレーディングの社、他各社)

軽量で瓦の15%、スレートの35%の重さしかありません。耐震に少しだけ有利。

ガルバリウム鋼板に比較して雨音が小さい。

以上です。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-ジンカリウム鋼板
-, ,

© 2021 屋根葺き替え・屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5