瓦屋根140㎡/瓦、和瓦の屋根を葺き替える費用@

屋根面積140㎡、日本瓦/屋根のサンプル

>>>瓦屋根からの葺き替え費用価格(面積別)Topページへ

瓦140㎡の屋根画像

 

屋根面積:140㎡、建坪30坪、瓦葺き、2階建てのモデルを使って、各屋根材での屋根葺き替え費用、相場を概算いたします。使う屋根材は、石粒付鋼板、SGL、瓦、アスファルトシングルです。工事の方法は既存材料の撤去をして新たな仕上材を施工する工法です。

使う家、屋根の仕様:

  • 屋根面積: 140㎡
  • 建坪(一階床面積):30坪、99㎡
  • 屋根:切り妻型、
  • 材質:瓦、日本瓦
  • 工法:瓦材撤去
  • 葺き替える屋根材:石粒付鋼板SGL(新ガルバ)シングル材
  • 屋根勾配:4寸:4/10
  • 軒先の長さ、2階:47.08m
  • けらばの長さ:37.65m
  • 全棟の長さ: 22.35m
  • 谷の長さ:  1.85m
  • 壁の取り合い部:16.61m

瓦屋根の葺き替えは瓦を撤去して、新しい仕上材を施工します。その際にルーフィング(防水材)は必ず交換します。瓦、古いルーフィングの撤去&廃材処理、新ルーフィング、新仕上材、屋根部品の施工の順になります。

ishiprice

石粒付鋼板での屋根葺き替え工事概算、屋根面積:140㎡

工事項目金額単価数量単位備考
瓦撤去費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
瓦等廃材処理費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
ルーフィング施工費¥ 126,000¥900140平米NEWライナールーフィング
石粒付鋼板
本体施工費
¥ 980,000¥7,000140平米ディプロマット仕様
棟部分施工費用¥ 111,750¥5,00022.35
屋根の天辺の部分、板金の施工
軒先水きり部分¥ 117,700¥2,50047.08軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 150.600¥4,00037.65
壁の取合部分雨抑え¥ 74,745¥4,50016.61一階の屋根と二階の壁に挟まれた箇所
谷部分¥ 10,175¥4,0001.85谷板金施工費用
足場設置&解体費用¥ 280,000¥800350平米工事の為の足場費用
屋根工事の小計¥ 2,466,970
諸経費(工事費の5%)¥ 123,349
税抜計¥ 2,590,319
税込合計金額
¥ 2,849,000概算のため千円未満四捨五入

sglprice

SGLでの屋根葺き替え工事概算、屋根面積:140㎡

葺き替え項目金額単価数量単位備考
瓦撤去費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
瓦等廃材処理費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
ルーフィング施工費¥ 126,000¥900140平米NEWライナールーフィング
ガルバリウム鋼板
本体施工費
¥ 910,000¥6,500140平米スーパーガルバリウム鋼板仕様
棟部分施工費用¥ 67,050¥3,00022.35
屋根の天辺の部分、板金の施工
軒先水きり部分¥ 70,620¥1,50047.08軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 94,125¥2,50037.65
壁の取合部分雨抑え¥ 58,135¥3,50016.61一階の屋根と二階の壁に挟まれた箇所
谷部分¥ 7,400¥4,0001.85谷板金施工費用
足場設置&解体費用¥ 280,000¥800350平米工事の為の足場費用
屋根工事の小計¥ 2,229,330
諸経費(工事費の5%)¥ 111,467
税抜計¥ 2,340,797
税込合計金額
¥ 2,575,000概算のため千円未満四捨五入

new

新瓦での瓦屋根葺き替え工事概算、屋根面積:140㎡

工事項目金額単価数量単位備考
スレート撤去費用¥ 252,000¥ 1,800140平米
廃材処理費用¥ 80,000140平米
ルーフィング施工費¥ 84,000¥600140平米キズ入ルーフィング
桟木施工¥ 119,000¥ 850140平米
瓦本体施工費¥ 588,000¥42,000140平米ディプロマット仕様
棟部分施工費用¥ 134,100¥6,00022.35
屋根の天辺の部分、板金の施工
軒先水きり部分¥ 169,488¥3,60047.08軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 143,070¥3,80037.65
壁の取合部分雨抑え¥ 41,525¥2,50016.61一階の屋根と二階の壁に挟まれた箇所
谷部分¥ 5,500¥3,0001.85谷板金施工費用
足場設置&解体費用¥ 280,000¥800350平米工事の為の足場費用
屋根工事の小計¥ 1,896,733
諸経費(工事費の5%)¥ 94,837
税抜計¥ 1,991,570
税込合計金額
¥ 2,190,727概算のため千円未満四捨五入

shinprice

シングルでの屋根葺き替え工事概算、屋根面積:140㎡

工事項目金額単価数量単位備考
瓦撤去費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
瓦等廃材処理費用¥ 308,000¥ 2,200140平米
ルーフィング施工費¥ 126,000¥900140平米NewNEWライナールーフィング
シングル本体部分施工費¥ 770,000¥5,500140平米アスファルトシングル
棟部分施工費用¥ 22,350¥1,00022.35
屋根の天辺の部分、板金の施工
軒先水きり部分¥ 70,620¥1,50047.08軒先に施工する部品、軒先唐草
けらば部分雨抑え¥ 94,125¥2,50037.65
壁の取合部分雨抑え¥ 33,220¥2,00016.61一階の屋根と二階の壁に挟まれた箇所
谷部分¥ 4,625¥2,5001.85谷板金施工費用
足場設置&解体費用¥ 280,000¥800350平米工事の為の足場費用
屋根工事の小計¥ 2,016,940
諸経費(工事費の5%)¥ 100,847
税抜計¥ 2,117,787
税込合計金額
¥ 2,330,000概算のため千円未満四捨五入

 

解説:

日本瓦から屋根を葺き替えるときは、一番上に施工する仕上材が一番の気がかりです。瓦、釉薬瓦の耐用年数は60年以上と言われていますので、それ以上の寿命がある仕上材は、残念ながら今のところありません。石粒付鋼板で50年程度と言われています。

また屋根の軽量化の理由でガルバリウム鋼板が選ばれていました。石粒付鋼板は今まであまり知られていませんでした。今では石粒付鋼板か耐用年数の長くなったSGL(スーパーガルバリウム鋼板)にするかを悩む時代になってきました。大いに考えて頂きたいことです。それぞれの長所、短所もこのサイトには詳しく解説しています。石粒付鋼板についてSGLについて

仕上材が決まったら、忘れてはいけないのが、ルーフィング(防水材)です。「屋根」の耐用年数を左右するのは、実はルーフィングです。50年以上の耐用年数を持つルーフィングは、今のところマスタールーフィングただ1製品ですが、非常に高価(㎡あたり¥4,000~¥5,000?)です。仕上材と同等の金額ですので、予算がない場合は、妥協しないといけません。または工夫が必要です。

一応概算には、Newライナールーフィングを掲載していますが、耐用年数は30年以上です。他のメーカーには申しわけないですが、他の製品のカタログ、Webには耐用年数についての記載がありません。私がNEWライナールーフィングをすすめるには、自分で30年以上経過した屋根を剥がしてその状態を見たことが複数回あるからです。

また最近では、自着式(粘着式)のルーフィングも認知されてきましたので、これもお薦めです。どちらが良いか?これは比較したデータが今のところないので、どちらとも言えないです。別の方法として、ルーフィングを二重に施工するという考えもあります。

>>>これについての疑問・質問は;0120-58-1152、小形まで

瓦施工の価格:

多分、茨城県、静岡県の一部以外のお客様は、上の瓦の葺き替え相場は安いと思うかもしれません。瓦の葺き替え費用は、ガルバリウム鋼板、石粒付鋼板より高いという印象があるからです。普通は正しい認識ですが、ある地域では、競争が激しくて一般の相場より安い費用で施工されています。

一般の瓦の施工費用については;

瓦の標準価格表の解説/全国工事相場の根拠

瓦・瓦屋根の修理、工事相場は二重構造

 

参考:本体以外の役物(屋根部品)

建坪30屋根の名称、役物

棟部分:赤の矢印

屋根の天辺、この屋根は寄棟という形式でちょっと形が複雑です。棟の本数は4本ありその部分全部に雨抑えとして板金を施工します。「棟板金」と言います。

軒先部分:緑の矢印

屋根で雨水が最終的に雨樋に落ちる部分、雨が確実に雨樋に行くように、屋根の裏側にいかさない為の役物として、軒先に施工する役物です。「軒先唐草」と言います。この軒先唐草がないと雨水は軒先の裏側に回り込み軒天を濡らして腐食の原因になります。確実に雨樋に水を導く役物、部品になります。

この場合、屋根の縁全部が軒先です。かなり長いです。

けらば部分:ピンクの矢印

軒先とは別の端にあり、勾配がわかる部分です。ここからも雨水の侵入があり、それを防ぐ為の部品があります。けらばの雨抑えです。「けらば」は切り妻、片流れの屋根にある部分の名称です。

屋根の役物、部品はおおかたが、本体のスレート材、材料で雨を防ぎきれない部分は、専用の部品を使って雨漏りを防いでいます。

30坪のスレート屋根の葺き替えは以上です。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-
-,

© 2021 屋根葺き替え・屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5