スレート、コロニアル

カバー工法か撤去か?/スレート屋根の葺き替え工事

スレート屋根のカバー工法は条件が合えば費用はかなり有利

カバー工法か撤去工法か?選ぶタイトル画像

今最も契約数が多い、スレート屋根葺き替えではガルバリウムによるカバー工法工事です。しかし、カバー工法は全てのスレート屋根でできることではありません。工事の条件があります。

また、カバー工法のデメリット、メリットがありますのでそれを良く踏まえてカバーにするのか、撤去して葺き替えをするのか、決めなければなりません。

カバー工法のデメリットだけを主張し、カバー工法を薦めないサイトもありますが、一方的に反対するのもお客の利益を代弁しているとは言えないと考えます。カバー工法の最大のメリットはスレート材の撤去費用を節約できることです。

カバーできる条件を考え、これとデメリット、メリットを考慮して決めるべきです。その条件、デメリット、メリットをお知らせします。

次の場合はカバー工法ではなく撤去工法を考えるべき:

  1. 下地材がひどく雨漏りなどの理由で柔らかくなって釘、ビスがきかない場合
  2. 下地材が劣化していなくてもスレート材の劣化がひどく工事中に粉々になりそうな場合
  3. スレート屋根で雨樋がぎりぎりの施工の場合、つまり雨樋の施工が良くない場合、カバー工法で雨水の落ちる位置に不安が残る場合。(雨樋の調整、最悪架替が必要になるかも)
  4. 古い汚くなったスレート材を残すのが精神的にやな場合(苔、カビは水と太陽を遮ると死滅しますが、その残骸は残ります。栄養分は空気中のホコリなどでこれも絶たれます)
  5. カバー工法で屋根の重量が増します。ガルバリウム鋼板+ルーフィングの重さです。これは耐震に多少影響を与えて耐震性能を劣化させます。どの程度かは「スレートのカバー工法は耐震に不利か?」を見てください。

スレート屋根葺き替えの方法:カバー工法のメリット、デメリット

カバー工法ができる条件をクリアしたら、カバー工法ができます。その一番のメリットは、なんと言っても工事費用です。

スレート材の撤去費用ばかりではなく、2004年以前のスレート材にはアスベストが含有されていて、産業廃棄物としての処理費用がアスベスト以外の残材より1割、2割割高になります。

また地方によってはこの処理費用がかなり高くなっているところもありますので、これも考慮する項目になります。・・・アスベスト入りのスレート材処理費用について

軽量な金属瓦でのカバー工法のメリット:

  1. スレート材の撤去費用(約¥2,000/㎡)と処理費用 (約¥2,000/㎡、地方によって業者によってまちまち) が必要ありません。60㎡のスレート屋根で:撤去と処理で¥240,000ですから、ばかにできないです。
  2. 僅かですが、重ね葺き工法(カバー工法)は断熱性能の向上が期待できます。
  3. これも僅かですが、ガルバリウム鋼板だけの屋根より雨音が軽減されます。
  4. 撤去する方法より工事の期間が短くできる。(少なくとも1日短い)

<カバー工法のデメリット>

  1. カバー工法ではスレート材重量の1/4のガルバリウム鋼板が最も良く使われる材料ですが、これプラスルーフィングの重量が屋根に加わるので、耐震的には不利です。ではどれくらい悪化するのか?・・・カバー工法の耐震について
  2. アスベストの処理を先延ばしにします。最後にはアスベストの処理をしないといけないのですが、その廃材処理を何年か先にすることになります。アスベストが飛散することはないのですが、それを封印することになります。
  3. スレート材の上にルーフィング、ガルバリウム鋼板、シングル材は釘で固定しますが、その際スレート材が割れることがあります。割れるとルーフィングが傷つきます。雨漏りの原因になる可能性があります。・・・ですからカバー工法の場合は自着式のものを使いスレート材が割れない工夫が必要です。自着式のルーフィング+耐用年数30年の高耐候性のものを二重にすると安心です。撤去費用に比べて遥かに安価です。
  4. あまりないのですが、カバー工法により屋根の高さが高くなります。10~20mm程度ですが、これにより雨樋の位置が違って雨をうまく受けられないことが発生します。この場合は雨樋の調整、最悪架替が必要になります。カバー工法反対の意見詳細

・デメリットについては、対策もありますのでその項目も参照してください。

●下地材の劣化が進んでいて、これに釘、ビスが効かない場合はデメリットではなく不可です。

slatetekkyovscovae

 

 

 

 

こに示した概算価格はあくまでも概算であって正確な施工価格は提携屋根屋の現地調査の後になります。

また電話でも、現在の屋根材、屋根のおおよその広さ、階数、築年数などをお教え頂ければ概算をその場でお答えいたします。ベストな屋根材、工法もアドバイス、屋根屋の紹介も可能です。

以上です。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-スレート、コロニアル
-, ,

© 2022 屋根葺き替え/良い屋根屋の探し方,相談,屋根材,工法 Powered by AFFINGER5