屋根材について

新世代のガルバリウム鋼板・スマートメタル

更新日:

スマートメタルタイトル

スマートメタル:KMEW社、SGLを採用

スマートメタルタイトル画像

工事・見積のご用命: 電話をする

 元々、スレート(コロニアル、カラーベスト)のメーカーである、KMEW社が、出した金属屋根材;スマートメタルです。このKMEWという会社は、かつてスレート屋根材の生産で一、二位を争っていた、松下と久保田の建材部門が合併した会社で、今でも木造家屋の屋根材を生産しています。

 しかし、主力であるスレート(コロニアル、カラーベスト)の売り上げが悪化、他の建材へシフトしている最中で、初めて金属屋根材市場へ参入したことになります。

スマートメタルの仕様

 日本製鉄(旧新日鉄住金)のSGLを使用しているので;

・穴あき保証が25年、赤さび保証20年、塗膜の膨れ保証15年

・表面塗装:ニスクプロコートタイプとカタログにあるので、日鉄鋼板のサイトを調べると、塗膜保証から塗装はポリエステル樹脂塗装と思われます。日鉄鋼板は各屋根材メーカーの要望に応じSGL、一般のガルバリウム鋼板などメッキの種類、カラー、塗装の種類などが選択できます。つまり新ガルバリウム鋼板の塗装までは日鉄鋼板(日本製鉄の関連会社)がやり、その塗装されたSGL鋼板を買ってきて、KMEWでは切断、折り曲げなどの金属加工をして屋根材にしてると考えられます。 >>> スマートメタル材料

 

SGLの基本性能:メーカー:日鉄鋼板

SGLの説明は横暖ルーフαSのところを参照してください。SGLに関しては各新ガルバリウム鋼板屋根材メーカー共通です。横暖ルーフαSのページへリンクを張っています。  >>> 横暖ルーフαSのページ

 

従来のガルバリウム鋼板との違い

 この項目も横暖ルーフαSに書かれた内容と全く同じなので、そちらを参照してください。 >>> 横暖ルーフαSのページ

また、日本製鉄の「SGL」の更に詳しい解説は、「SGLの解説」に書いてあります。こちらも併せてご覧ください。

 

スマートメタルの施工価格相場

 残念ながら、お助け隊でのスマートメタルの工事実績がまだないので、具体的な価格相場は言えませんが、材料として断熱材がないので、横暖ルーフαSやスーパーガルバリウム鋼板よりは少し安い価格であると思っています。塗装も普通塗装のポリエステル樹脂塗装しかないことから;

 ・スマートメタルの本体施工価格は;¥6,300/㎡程度と予想しています。

正確な金額は屋根屋から見積を取ってください。

屋根工事お助け隊への見積依頼、工事依頼は:0120-58-1152

 

スマートメタルのメリット、デメリット

スマートメタルの最大のメリットは、25年という穴あき保証です。これは他のSGLを採用した新ガルバリウム鋼板屋根材と同じで、SGLの最大の長所です。軽い、薄い、耐用年数が長い新ガルバリウム鋼板の長所は問題なくあります。

 

デメリットは、やはり雨音。それに断熱材がない為に材料の強度があまりなく、材料だけをみるとペラペラで弱い感じがします。断熱材がないので、断熱性能はないです。こう書くとデメリットばかりで、あまり良くない屋根材と思われますが、その分横暖ルーフαS、スーパーガルバリウム鋼板より屋根屋によっては少し価格は安いと思われます。実際は見積を取って検討してください。

 

スマートメタルの塗装

 KMEWのカタログには塗装について記述がありませんが、日鉄鋼板のSGLのサイトには、ポリエステル樹脂塗装とあります。フッ素塗装の外販向け製品もありますが、耐用年数、塗装の保証から、KMEWはフッ素塗装製品は出していないようです。(2019年10月)

 

スマートメタルの断熱性能について

 スマートメタルには断熱材がありません。3mmの裏打ち材がありますが、なんの為のものなのか?説明がありません。材料同士擦れて傷が付かないための保護のためなのか?施工するときになにか不具合を防ぐためなのか?ちょっと不明です。 >>> 断熱性能がないことの実験

 

スマートメタルのまとめ

 ・日本製鉄のSGLを採用しているので、穴あき保証25年

 ・断熱材なしなので、断熱性能はない

 ・価格はその分安いかもしれません。

 お勧めするか? 私だったらお勧めしません。

工事・見積のご用命: 電話をする

以上です。

-屋根材について
-, ,

Copyright© 屋根工事は屋根工事お助け隊まで , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.