シングル屋根葺き替え/雨漏りのしない最強の工法

更新日:

釘、ビスを全く使わない|自着式ルーフィングと接着式工法

アスファルトシングルの接着剤工法と自着式のルーフィングの組み合わせは最強の組み合わせです。ルーフィングにもタッカーは必要ないですし、アスファルトシングルを接着式で施工すればルーフィングに一切穴をあけることなく、雨漏りのない屋根葺き替えが完成します。・・・ルーフィングに釘やビス、タッカーで穴をあけるのは雨漏りの遠因、原因です。

全米では木造家屋の50%以上で使われている屋根材で、アスファルトシングル、通称シングル材からの葺き替えはシングル材を撤去するやり方とカバー工法が使えます。

ビス、釘、タッカーは屋根に穴を開けています

ガルバリウム鋼板の固定は釘を使います。ジンカリウム鋼板も同じ、瓦棒(トタン屋根)も同様です。瓦のガイドライン工法も瓦を釘で固定します。それらは雨漏りを最終的に防止しているルーフィングに穴を空けています。誰も言わないし、屋根屋も当たり前過ぎて気にもしていません。

じゃ、どうやって屋根に材料を固定するのか?と文句が返ってきます。でも今のルーフィングはこの釘で穴があけられることを前提に作られていて、例え穴が空いても大丈夫なように作られています。新しいルーフィング規格ではわざとルーフィングに釘を刺し、水がもれない試験をやります。

でも、子供でもわかりますが、穴があけばやがてその穴は大きくなって、隙間ができそこから雨が漏りはじめます。これが雨漏りです。でははじめからそんな穴などあけなければもっとルーフィングは長持ちするに違いない?

その通り。子供でも理解できるお話です。

 

アスファルトシングルは唯一接着剤で固定できる屋根材です

瓦、ガルバリウム鋼板、スーパーガルバリウム鋼板、瓦棒(トタン)、ジンカリウム鋼板、銅板、全て釘やビスでないと屋根に固定できません。材質により接着剤では固定できないのです。将来は大変優れた接着剤ができて可能になるのかもしれませんが、2018年現在ではできません。

唯一アスファルトシングル材だけ、専用の接着剤で屋根に固定できるのです。

シングルの接着剤式施工
アスファルトシングルの施工方法には、2つあってひとつは従来の通り釘を使って固定する方法、もう一つは釘を使わずに専用の強力接着剤で固定する方法があります。

 

 

自着式のルーフィングでタッカーは不要/雨漏りの可能性を激減

シングル材だけ釘を使わないのならそれでOKか?そんなことはありません。最も重要なルーフィング(防水材)にも釘を使わない方法、材料があります。自着式のルーフィングは裏に接着剤を予め塗布してある製品があります。今までのルーフィングはタッカーでの固定で、点、ポイントでの固定でした。タッカーとはホチキスです。これは釘より細い「針」で固定します。それも無数に使うのです。言ってみればルーフィングに無数の穴をあけているのと同じ。

しかし接着剤での固定は、面で接着しますので、下地材とルーフィングが全て面で接着します。ホチキスの細い針での固定よりはるかに堅牢な固定になります。

シングルと自着式のルーフィングは最強の屋根材コンビ!

 

ではシングルからの葺き替えは他の屋根材は不可なのか?

そんなことはありません。

仕上材に釘、ビスを使ったとしても、自着式のルーフィングにはタッカーを使いませんから、従来のルーフィングより雨漏りの可能性はかなり減ると考えます。ルーフィングは自着式を強くお薦めします。これでタッカーを使わずに済みます。

シングル材からの葺き替えにはもちろん、ガルバリウム鋼板、シングル、ジンカリウム鋼板、瓦棒が施工できます。略してシングル材。これからの葺き替えは、その上からの施工でも、撤去後の施工でも可能です。

シングルからの葺き替えでは、軽い屋根材ならカバーでも、撤去しての工法でも施工がか可能です。シングルからの施工で撤去、カバー工法両方できるのは;

  • ガルバリウム鋼板(普及品):耐用年数25年
  • スーパーガルバリウム鋼板:耐用年数30年以上(穴あき保証25年)
  • ジンカリウム鋼板(石粒付鋼板):耐用年数50年、保証30年
  • 勿論シングル材もカバー工法、撤去しても方法が可能です。
  • トタン・瓦棒にすることもできます。

シングルの葺き替えで使えない屋根材は、瓦(和瓦、洋瓦、セメント瓦)等シングルよりかなり重い材料、スレート材は、メーカーの指導、指定で下地材を新らしくしないと材料保証が出ません。新しくできない場合はある条件をクリアーしないといけません。何故こんなにうるさいかというと、割れやすいからです。

 

アスファルトシングルはどのような屋根材か?

シングル(アスファルトシングル)はあまり一般的にではないので写真で確認です。

アスファルトシングルサンプル

 

三星シングルサンプル画像

 

アスファルトシングルの材料

アスファルトシングル:
略してシングル材。不燃布にアスファルトを浸透させて製造したもので、写真のようにかなりの角度まで曲げることができ、厚さは1mm程度で表面には細かい石粒をコーティングしてあり雨はこの表面の凸凹で拡散され、雨音はかなり軽減されます。米国では木造住宅の屋根材としては圧倒的なシェアを持ちかなりポピュラーな屋根材です。感触はカーペットのかなり硬いものといったイメージです。

 

アスファルトシングル屋根葺き替え価格概算表

概算費用を説明するためのサンプル住宅:
既存のシングル屋根をカバー工法で葺き替える費用の概算です。サンプルの住宅、屋根はどこにでもよくある普通の住宅を想定し、屋根の面積:約 91㎡、勾配: 6寸、屋根の形状はシンプルな切り妻型での計算例です。

 

モデルの住宅:
建坪:11.3坪(56㎡)、2階建て、4LDK
屋根:シングル材葺き、屋根面積:65㎡
勾配:6寸
シングル葺きのサンプルハウス

 

 

シングルの上にシングルのカバー工法

工事項目金額・費用単価単位数量
税抜き工事計¥ 652,000
内訳:
高圧洗浄¥13,000¥20065
自着式ルーフィング施工費、材料費込¥ 58,500¥90065
シングル材施工費、材料費込¥ 357,000¥5,50065
その他部品施工費用¥ 60,000
仮設足場設置&撤去費用¥132,000¥800165
工事費用小計¥ 621,000
諸経費(工事費の5%)¥ 31,000

 

シングルをガルバリウム鋼板でのカバー工法概算見積

工事項目金額・費用単価単位数量
税抜き工事計¥ 814,000
内訳:
高圧洗浄¥13,000¥20065
自着式ルーフィング施工費、材料費込¥ 58,500¥90065
横暖ルーフS施工費、材料費込¥ 422,000¥6,50065
その他部品施工費用¥ 150,000
仮設足場設置&撤去費用¥132,000¥800165
工事費用小計¥ 776,000
諸経費(工事費の5%)¥ 38,800

 

シングルをジンカリウム鋼板でのカバー工法概算見積

工事項目金額・費用単価単位数量
税抜き工事計¥ 880,000
内訳:
高圧洗浄¥130,000¥20065
自着式ルーフィング施工費、材料費込¥ 58,500¥90065
ジンカリウム鋼板施工費、材料費込¥ 455,000¥7,00065
その他部品施工費用¥ 180,000
仮設足場設置&撤去費用¥132,000¥800165
工事費用小計¥ 838,000
諸経費(工事費の5%)¥ 42,000

-屋根葺き替え
-, ,

Copyright© 屋根葺き替えを成功させるには , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.