屋根の構造/屋根の部分名称

投稿日:

屋根葺き替えの為の知識/屋根の構造

屋根は、一般木造住宅であれば、どの屋根の形でも下の構造は共通で骨組みが垂木と呼ばれる角材で屋根全体を支えています。以下簡単に解説していきます。

屋根の構造、骨組み、垂木

シンプルな家で屋根の構造を説明します。柱、梁などがあって、屋根は「垂木」という骨組みで屋根全体を支えている典型的な例になります。垂木の寸法は家によって、屋根の構造大きさによってまちまちですが、この垂木の上に下地材がのります。

下地材施工

昔は屋根の下地材は「野地板」といって下の写真のような、バラ板でした。今は厚さ9mmか12mmの合板を使います。これをコンパネと言います。この板に釘、ビス、タッカー、接着剤などでルーフィングと仕上材が固定されます。

野地板、バラ板

防水材

コンパネ(下地材)に雨漏り防止の主役、ルーフィングを張ります。ルーフィングは防水材とも言い厚さ1mm程度のシート状の材料で、タッカー(ホチキス)で固定します。また、自着式のルーフィングとは、タッカーを使わずルーフィングの裏側に専用の接着剤が塗布してあり、この接着剤にて固定します。通常のルーフィングでは数百個のタッカーを使用します。この大量のタッカーは雨漏りの原因の一つです。

 

横葺きの屋根材

防水材であるルーフィングの上に施工するのが、仕上材という屋根の一番表面にある材料になります。

仕上材には、横葺きの材料と縦葺きの材料があり、横葺きの仕上材には:ガルバリウム鋼板、コロニアル、スレート材、ジンカリウム鋼板、石粒付鋼板、アスファルトシングルなどがあります。横葺きの材料では施工条件があり、屋根の傾きが、2.5寸(屋根の勾配を表す単位)以上の勾配屋根に施工ができます。それ以下の緩勾配では施工できません。雨水が滞留し易く、雨仕舞が悪いのでメーカーは材料保証をしません。

 

縦葺き構造

横葺きの材料の代表は瓦棒です。溶融亜鉛メッキ鋼板であるトタンを使った瓦棒形式の屋根のことをトタン屋根と言いますが、2.5寸未満の緩い勾配の屋根で使われます。この他に縦ハゼという瓦棒の工夫版とでもいう材料もあります。

 

瓦の桟木

瓦は横葺き、縦葺きとは言わない仕上材です。基本的に「桟木」という枕木をいちどルーフィングの上に施工し、これに瓦を一枚一枚固定します。

 

瓦の本体施工

1995年以前では、この桟木に瓦の爪を引っ掛けて固定する引っ掛け桟工法が主流でした。瓦は特に釘やビスで固定しないので、阪神淡路大震災で特に棟の落下、崩れが多く発生して問題になり、瓦を釘、ビスで固定するガイドライン工法が標準工事になったいきさつがあります。

>>> ガイドライン工法の詳細について

 

屋根構造/各部分の名称

屋根の各部の名称

この屋根の形式は「切妻型」の屋根で、仕上材は「瓦」です。では各部分の名前はどのようになっているのでしょうか?細かい名称、専門的な部品の名称など覚えなくとも良いと思いますが、主なものは覚えると屋根屋との折衝、見積の項目がどのようなものか理解を深める意味で覚えた方が良いかもしれません。

本体:

平部とも言う屋根の一番広い部分を言います。ここの施工価格が一番費用がかかるのが通常で屋根材も一番多く使う箇所です。良く施工価格で「屋根の本体価格」とあるのはここの施工費用です。屋根の本体施工費用という言い方は、コロニアル、スレート、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、石粒付鋼板、アスファルトシングル、トタンも同じで価格の単価、施工費用もこの本体価格で示すことが多いです。本体価格とその他の部品(役物)の価格、費用に分かれます。

 

棟:

屋根のてっぺん部分を棟部分と言います。平部とはまた違う形の瓦が使われ、熨斗瓦(のしわから)と冠瓦(かんがわら)とがあります。冠瓦は一番頂上にある瓦ですが、熨斗瓦は長方形の瓦で棟を高く積むことができます。1995年以前の工法では、崩れ易く震度4でも曲がってしまうほど弱いものでした。良く棟は針金でくくってあるから大丈夫と思っているお客様もいましたが、この針金は熨斗瓦と冠瓦をくくっているだけで屋根本体とは結合されていませんでした。ガイドライン工法では改良されています

 

軒先:

これは日常生活で非常に良くでてくる言葉なので、知っている方は多いと思います。屋根の一番先、下の部分で雨が雨樋に落ちる部分を言います。ここに良く使われるのが軒先唐草です。この役物は、屋根の上から降りてきた雨水を確実に雨樋に導く部品で、これがないと雨は軒先の裏側(軒天といいますが)に回ってしまって木部を腐食させてしまうので、重要な部品になっています。

また、どんな仕上材でも工事は軒先部から始まります。棟からはじまると大変不都合が起こります。工事は下の軒先からです。屋根葺き替え工事を見ているとその理由がわかります。

 

けらば:

切り妻型の屋根には、雨を流す軒先部分が2面ともう2面の部分、三角の形の「けらば」という箇所があります。この部分にも横から雨が入らないように雨を防ぐ役物が施工されます。特殊な屋根形状でない限り、切り妻には必ずけらば部分があります。

 

壁の取り合い:

一階の屋根と二階の壁とは屋根が分断されます。屋根と壁の境箇所を「壁の取り合い」と言います。ここも雨漏り事故の多い箇所でいろいろ工夫された部品がつきます。工事も結構面倒な部分になります。

 

鬼瓦:

棟の端に何もないとのっぺらで格好が良くないので、つけられたのが鬼瓦です。屋根の象徴、権威つけのしるしとして考えだされました。瓦の鬼は価格がいろいろです。

 

屋根構造のまとめ

一般木造住宅の屋根構造は、垂木の骨組みがあって、下地材、防水機能のルーフィングまでは、殆どの屋根で共通の構造です。仕上材は大きく横葺きの屋根材と縦葺きの屋根材に分かれ、横葺きの仕上材は2.5寸以上の勾配で施工が可能です。縦葺きはトタン屋根、縦ハゼなどがあります。

 

以上になります。

-屋根葺き替え
-, , ,

Copyright© 屋根葺き替えを成功させるには , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.