屋根工事の種類

カバー工法、屋根葺き替え(撤去工法)、修理、再塗装、あなたの工事はどれが適切なのか?正しい情報を見つけてください

屋根工事種類タイトル画像

カバー工法工事

現在、コロニアル、スレート、カラーベストの葺き替え工事として最も良く採用されている工法です。既存の屋根材の撤去処分と廃材処理の経費を抑えられる方法として、大変喜ばれている工事方法になっています。

しかし、デメリットも当然ある訳で、そのメリット、デメリットも良くしって選ぶ必要があります。良いことばかりを云う業者には要注意です。またカバー工法の疑問は、試しに業者に聞いてみるのも良いことです。正しく答えられるか?チェックです。その質問の基礎として知識、知恵を書いています。

通気工法工事(夏の暑さを少しでも涼しく)

特に夏の暑さ対策に最もコストパーフォーマンスの良い断熱方法です。正確には断熱ではなく、屋根からの輻射熱を下げ結果として部屋の温度を和らげることかがあります。しかし、涼しくはなりません。現状より少しだけエアコンの電気代が安くなる方法と理解してください。完璧な断熱とは何か?は、断熱とは?完全な断熱性能とは?で解説

屋根葺き替え工事(既存の屋根材は撤去)

屋根葺き替えとは正確には既存の屋根材を全て撤去して、新たに屋根を葺き替えることを言います。築後30年以上で葺き替えをするときは年の為、一度下地をチェックするのも一考かと思います。カバー工法では下地材の完全チェックは難しいので。

またこの工法はカバー工法の対比で考えられ、カバー工法が出来ない場合に採用されることが多いですが、これのメリットもあり、工法と屋根材との兼ね合いを良く考える必要があります。

屋根塗装工事(再塗装)

塗装工事は屋根屋の仕事範疇ではありませんが、良く劣化したコロニアルは塗装にするか?カバー工法にするかで頻繁に問い合わせがあり、その疑問、問題について回答する意味で、この記事を書きました。塗装か葺き替えかのテーマです。塗装の詳細、塗料の選びかたを書いわけではありません。

雨樋交換工事

雨樋単体の交換工事の件数は少ないですが、この工事の際は足場が必要です。この解説をいたしました。屋根工事のついでなら読む必要はありません。

 

 

お客様は屋根工事に何をお望みですか?見栄えを回復したい、雨漏りを直したい、耐用年数を延長したい。屋根のデザインを変更したい、色を変えたい、耐震の為屋根を軽くしたいといろいろな希望があると思います。

材料も重要ですが、工法も考えてください。知らない工法も紹介してあります。どの工法が良いか?屋根屋とも是非相談してほしいことです。屋根屋はお客様の屋根にあった提案をしていますか?

 

疑問の場合は: 0120-58-1152 屋根工事お助け隊まで

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

ガルバリウム鋼板・カバー工法/屋根の修理が困難になる?

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

雨漏りの発見が遅れる?/ガルバリウム鋼板・カバー工法5

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

耐震性の問題/ガルバリウム鋼板・カバー工法4

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

下地材の問題/ガルバリウム鋼板、カバー工法3

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

ルーフィングの問題/ガルバリウム鋼板、カバー工法2

カバー工法・問題点考察

カバー工法工事

ガルバリウム鋼板のカバー工法/デメリット詳細、考察

no image

屋根葺き替え工事

屋根葺き替えの目的とは何か?/今本当に葺き替えが必要ですか?

カバー工法サムネイル

カバー工法工事

ガルバリウム鋼板によるカバー工法工事とは?

カバー工法サムネイル

カバー工法工事

石粒付鋼板によるカバー工法工事

カバー工法サムネイル

カバー工法工事

アスファルトシングルでのカバー工法/最強の工法は?

カバー工法サムネイル

カバー工法工事

トタンによるカバー工法工事/簡易カバーと通常のカバー工法

カバー工法サムネイル

カバー工法工事

カバー工法/概論、メリットとデメリット

通気工法のサムネイル

通気工法工事

通気工法/低コスト断熱工法、目的と効果

通気工法のサムネイル

通気工法工事

石粒付鋼板の夏に断熱効果が大きい通気工法工事例

no image

屋根葺き替え工事

ガルバリウム鋼板での屋根葺き替え工事/工事の工程、様子

© 2021 屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5