通気工法

通気工法/低コスト断熱工法、夏を過ごしやすく

更新日:

通気をすることで屋根の温度を低くする断熱通気工法

真夏、屋根の表面温度は、80度以上にもなり、エアコンの電気代がうなぎ登りになります。少しでも屋根からの熱気、熱エネルギーを軽減するのが屋根の断熱です。いろいろな方法がありますが、空気は断熱材として優秀な素材で無料ですので、これを上手く使った断熱の方法が通気工法です。

通気工法解説図

下地材の上に約35mm程度の桟木を入れます。その上に二枚目の下地材(コンパネ)を敷いて、間に空気層を作ります。この間を自然換気することにより、夏の熱くなった空気を換気して、屋根を冷やすのです。とても賢い屋根の冷却方法になっています。費用も最低で済みます。

通気工法による屋根・室内の温度変化実験

この工法は、いろいろな屋根材で応用ができます。一番多いケースが、瓦を撤去して、金属材料であるガルバリウム鋼板に屋根材を替えた場合です。耐震の為、瓦が重いので軽い金属屋根にするときにいきなりガルバリウム鋼板にすると、特に夏の暑さを心配されるお客様が多いです。最近のガルバリウム鋼板屋根材は断熱材が標準で入っていますが、更に夏の暑さ対策として、通気工法を薦めています。

ガルバリウム鋼板屋根とガルバリウム鋼板での通気工法の温度差を実験してみました。

ガルバリウム鋼板と通気工法+ガルバリウム鋼板の温度比較

通気工法の断熱性能グラフ

  • ガルテクト:アイジー工業のガルバリウム屋根材、スーパーガルテクト
  • 通気工法+横暖ルーフS:ニチハ株式会社のガルバリウム屋根材、横暖ルーフαS

ガルテクトのみと通気工法を使った横暖ルーフαSとを2つの実験BOXに施工し、内部の温度変化を電子温度計で測定したものです。

結果:

気温の最高はこの日、32.5度程度で、ガルテクトの方は40度を超えていました。一方通気工法と横暖ルーフαSでは、時間がずれて最高32度付近で止まりました。その温度差は明白に違っていました。通気工法はエアコンではないので、涼しくはなりませんが、通気工法の効果はありと言えると考えます。

温度比較の実験設備:

断熱性能試験BOX

実験BOXです。手前は気温を測定するBOXで、いずれも中に電子温度計を置いて、5分間隔、10分間隔で温度を測定しました。グラフは測定開始時刻と停止時刻が設定でき、3つの温度計で同時に測定ができます。これで、約半日の連続測定をしました。

・スーパーガルテクトと横暖ルーフαSの比較:

横暖ルーフとガルテクトの断熱性能比較

参考までに、同時期に発売された、アイジー工業のスーパーガルテクトとニチハ株式会社の横暖ルーフαSは、断熱材の仕様もほぼ同じなので、それをテストした結果です。断熱性能はほぼ同じと考えて良いと思います。

石粒付鋼板、トタン、アスファルトシングルも適用可能

この通気工法が使える一番上の屋根材は、ガルバリウム鋼板だけではありません。同じ金属のトタン屋根、石粒付鋼板(ジンカリウム鋼板)、アスファルトシングルでも施工ができます。そしてその単体より通気工法にしたほうが、断熱性能はアップするはずです。

各々について実験はしていませんが、通気工法の恩恵はあると考えます。

遮音についても通気工法は有効です

瓦からガルバリウム鋼板へ屋根材を変更すると、雨音がするのではないか?という問い合わせもあります。確かにトタンやガルバリウム鋼板のような金属屋根では、雨音がします。その対策としても通気工法は威力を発揮します。雨音の比較も実験してみました。下の雨音を聞き比べてください。

ガルバリウム鋼板のみの雨音(横暖ルーフαS)

通気工法によるガルバリウム鋼板の雨音(横暖ルーフαS)

※降らせている水は、雨量に換算して、一時間に60mmです。これは台風並みの雨量で土砂降りと言って良いくらいの雨量になります。効果は明らかです。

※あくまでも実験BOXでの実験ですので、全ての屋根でこの結果になるかは、保証できませんが、一つの参考データとして聞いてください。

通気工法の解説は以上になります。

>>> 屋根葺き替え、屋根工事トップページへ

-通気工法
-, , , ,

Copyright© 屋根工事お助け隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.