屋根塗装工事

スレート、コロニアル屋根の塗装/いつやるのか?

更新日:

スレート、コロニアル屋根の再塗装は美観の回復です。

 「コロニアルの屋根で築20年なのですが、塗り替えるべきですか?」この手の質問は、非常に良く聞かれます。お助け隊の回答は「屋根が綺麗で屋根の耐用年数以内であれば全く塗装の必要性はありません」とお答えしています。

何故ならスレート材料の再塗装では材料の延命はできないからです。質問されるお客様は例外なしに塗装で材料は保護され材料の寿命、耐用年数が延びると業者から言われそれを信じています。でもそれは違います。再塗装ではスレート材料の劣化を止めることはできませんので、寿命を延ばすことはできないです。

 あくまでも塗装は表面の美観を回復させるためのものです。くれぐれも業者の誘導、口車に乗らないようにしてください。ではどうするか?いつ塗装するか、しないか?

屋根の塗装は屋根の寿命前にする!

しかし、屋根の寿命・耐用年数は延長できません

 結論から言うとスレート、コロニアルの再塗装するべきは、美観の回復の為、「屋根の」の寿命の前にスレート材料の再塗装をやるべきです。屋根が見えなかったり、美観を気にしなければ塗装は必要ありません。屋根の寿命が来た時に葺き替えをするべきです。「屋根の」寿命年齢後に再塗装をすると、塗装自体の耐用年前に屋根を葺き替える時が来て、塗装の費用が無駄になります。

 なんだか言葉の遊びをしているようで良く理解できないお客様へ:

屋根の寿命・耐用年数はスレート、コロニアル材の寿命、耐用年数ではありません。ここで屋根の寿命、耐用年数と言っているのは雨漏りに対する寿命です。屋根のいたるところで雨漏りが始まったら屋根の耐用年数が来たと考えます。雨漏りが発生するのは、スレート、コロニアルが劣化したからではありません。雨漏りを防止している防水材、ルーフィングの防水機能が無くなったから雨漏りが起きているのです。

普通のルーフィングの耐用年数は20年程度ですので(業界で一般的に言われていることで、メーカーでは保証はおろかカタログにも耐用年数の記述がないのが多い)屋根が20年以上経過したとき、スレートを再塗装しても直ぐにルーフィングの交換、屋根の葺き替えにならないとも限りません。再塗装を美観の回復の為にやりたいのなら、塗装が無駄にならない時期、例えば10年経過頃までにするのが良いと私は考えます。

 

屋根の寿命は2つある/雨漏りの寿命、美観の寿命

屋根の塗装を考えるときに解説しておかなければならないことがあります。多分こんなことを言う業者はいないと思いますので(2019年12月現在)良く読んで、重要な屋根の基本知識ですので覚えてください。スレート、コロニアルの葺き替え工事、塗装工事には特に大事です。

屋根の寿命1:

雨漏りに対する寿命・耐用年数

スレート屋根の塗装では屋根の寿命は延ばせないことは別のページで解説しています。>>>屋根の塗装/葺き替えるべきか?の相談

屋根の耐用年数とスレートの耐用年数は違うことはお伝えしました。スレート材のヒビ割れ、反り、欠けなどは直接雨漏りに関係しません。何故ならそこから侵入した雨水はルーフィングの上を伝って、軒先から排出されるように屋根が施工されているからです。ですからスレートの割れ、ヒビ、欠けなどがあっても雨漏りにはなりません。

 しかし、スレートは大丈夫でもルーフィングに穴や破れがあったら、直ちに雨漏りになる可能性大です。横殴りの雨で水が隙間から侵入し、防水機能を失ったルーフィングを抜けて下地を濡らし天井から水が滴り落ちます。または柱や梁などを伝わって全く別の個所の木部を濡らします。これが雨漏りです。

乱暴な言い方をすれば、スレートなど無くともルーフィングだけで十分雨は防げます。ただ美しくないですし、かなり早くルーフィングが劣化します。なんせ雨ざらしです。

 

屋根の寿命2:

屋根の美観に対する寿命・耐用年数

これはかなり主幹が入りますが、見た目の美しさを失った場合です。塗装の寿命と言い換えた方が良いかもしれません。または材料が欠けたり、ヒビが入ったりすれば材料の寿命かもしれません。ヒビ、欠け、反りなど材料の劣化は塗装では修復できませんが、表演塗装だけの劣化は洗浄と再塗装で美しくなります。

しかし、これは屋根の耐用年数ではありません。屋根材や塗装の寿命になります。もし、屋根の寿命がかなり残っていれば塗装や、材料の部分交換で美観は回復しますし、その費用も無駄ではありません。

 

まとめ

スレート、コロニアル、カラーベストの屋根の再塗装は、ルーフィングの寿命の10年前程度なら、美観の回復の目的で再塗装するのが良いと考えます。

(いやあとルーフィングの寿命が数年でも、2,3年持てば私は再塗装する。という考えもありかと思います。お金に余裕があれば・・・)

 

-屋根塗装工事
-, ,

Copyright© 屋根工事は屋根工事お助け隊まで , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.