屋根の性能

屋根の塗装色で遮熱性能、部屋の温度に違いはあるのか?

屋根の塗装/遮熱に効果があるのは白色か?黒、白の比較

遮熱実験装置

 屋根材の特にガルバリウム鋼板、SGLの塗装の色について、聞かれることがたまにあります。黒の屋根材だと、夏暑いので白のものはどのメーカーのどの製品か?とか、成るべく断熱的に有利な色の材料はありませんか?などの相談です。

屋根材の色は白に近いほど太陽の熱を反射して良いのでは?というものです。一般論では、黒は熱の吸収が良く、夏は暑いが、冬は暖かい、白は反射率が良いので、夏は涼しく、冬は寒い。

印象は正しいし、科学的にも正しいのですが、実際に屋根の色で計測したことがありませんでした。

で上の実験BOXがありますので、測ってみました。2021年9月晴れた日のデータです。

遮熱の違いのグラフ

 正直こんなに差があるとは思っていませんでしたが、同じガルバリウム鋼板の上に黒と白の塗料を二回塗りをして得たBOX内の温度変化です。(BOXの写真は上のモノを参照)最高で15度以上の差があり、屋根を白色に塗装したものは、気温とほぼ同じグラフになっています。

真っ白な屋根はあまり見ませんし、家のデザイン上白い屋根はどうかな?と思います。しかし、出来るだけ薄い、太陽光を反射する色を選択すれば下手な断熱材を使うより部屋の温度を下げれると考えます。

 

 

まとめ

 屋根の塗装、屋根材を選ぶとき、夏、部屋内の温度を出来るだけ下げたいのなら、白をお薦めします。真っ白ではなくとも、できるだけ白に近い色を選ぶことができれば、劇的に温度は下がるのではないでしょうか?

 

-屋根の性能
-, ,

© 2021 屋根葺き替え・屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5