ガルバリウム鋼板

国内SGL、ガルバリウム鋼板・屋根材メーカー

ガルバリウム鋼板の工場出荷状態

SGL、ガルバリウム屋根材生産会社/各社の特徴

 ガルバリウム鋼板を作っている会社とガルバリウム鋼板の屋根材を作っている会社は別会社で、屋根材としてのガルバリウム鋼板、SGLを選ぶのはこの屋根材生産会社になります。その各社のガルバリウム鋼板屋根材について、解説いたします。 

各社のHP、カタログを見てもその屋根材が旧ガルバリウム鋼板で出来ているのか?新しいガルバリウム鋼板で出来ているのか?ユーザーには分かり難いかもしれません。なので、各社の製品がどの鋼板で作られているのか?塗装は?保証は?等、各社、各製品の仕様をまとめてみました。

製品名基材表面塗装断熱材保証内容屋根材メーカー名
スーパーガルテクト
フッ素
SGLフッ素塗装ポリイソシアヌ
レートフォーム
穴あき保証:25年
塗膜等の保証:20年
アイジー工業
横暖ルーフα
プレミアムS
SGLフッ素塗装硬質ウレタン穴あき保証:25年
塗膜等の保証:20年
ニチハ
スーパーガルテクトSGLポリエステル塗装ポリイソシアヌ
レートフォーム
穴あき保証:25年
塗膜等の保証:15年
アイジー工業
横暖ルーフαSガルバリウム鋼板ポリエステル塗装硬質ウレタン穴あき保証:25年
塗膜等の保証:なし
ニチハ
シルキーG2ガルバリウム鋼板ポリエステル塗装ウレタンフォーム穴あき保証:25年
塗膜等の保証:15年
福泉工業
efルーフガルバリウム鋼板ポリエステル塗装
改良塗装
硬質ウレタン穴あき保証:25年
塗膜等の保証:15年
福泉工業
スマートメタルSGLポリエステル塗装発泡ポリエチレン
3mm厚
穴あき保証:25年
塗膜等の保証:15年
KMEW
リファーナ
(SGLフッ素)
SGLフッ素塗装発泡ポリスチレン穴あき保証:25年
塗膜等の保証:20年
メタル建材
リファーナ
(SGLカラー)
ガルバリウム鋼板ポリエステル塗装発泡ポリスチレン穴あき保証:25年
塗膜等の保証:15年
メタル建材
ヒランビーガルバリウム鋼板記述なしなし記述なし稲垣商事
スーパーヒランビーJ-クラフトクロメートフリー
塗装(ノンクロム)
カルフォミクス塗膜保証:15年稲垣商事

いろいろ解説:

表だけ見てもどの項目をどう考えればよいのかわからないので、解説します。今、ガルバリウム鋼板の基本の材料は2つ、ガルバリウム鋼板とスーパーガルバリウム鋼板です。正確にはスーパーガルバリウム鋼板はガルバリウム鋼板ではなく、日本製鉄が開発した新しいメッキ鋼板・SGLになります。

ガルバリウム鋼板とSGL・スーパーガルバリウム鋼板

 SGL(スーパーガルバリウム鋼板)とガルバリウム鋼板では、SGLの方が長持ち。

<ガルバリウム鋼板>

亜鉛(43.4%)、アルミニウム(55%)、シリコン(1.6%)の合金メッキ鋼板です。

<SGL:スーパーガルバリウム鋼板>

日本製鉄が開発したスーパーガルバリウム鋼板:亜鉛(41.4%)、アルミニウム(55%)、マグネシウム(2%)、シリコン(1.6%)の合金メッキ鋼板。

・SGLについては、別ページで詳しく解説しています。・・・SGLとガルバリウム鋼板

 まず、ガルバリウム鋼板とSGLとどちらが良いのか?が悩みます。カタログ上では、穴あき保証の年数がどれも同じだからです。何故古い鋼板であるガルバリウム鋼板と新しい鋼板のSGLの穴あき保証の年数が同じなのか? それは、日本製鉄が2016年に開発したSGL:スーパーガルバリウム鋼板を発表し、この鋼板が穴あき保証25年だったからです。それまでは穴あき保証などの保証規定はありませんでした。日本製鉄(旧新日鉄住金)がSGLの仕様で「穴あき保証」を言ってからです。各社この言い方に統一されました。

また屋根材の保証値も重要ですが、耐用年数も重要です。日本製鉄、JFEのメッキ鋼板・高炉メーカーが耐用年数を言わないので、全ての屋根材メーカーは耐用年数を言えなくなっています。独自で耐用年数を測定する会社も全くありません。

業界で唯一データがあるとしたら、1970年代にガルバリウム鋼板を開発した米国のベツレヘムスチール社が実施した25年に渡る防爆実験データのみです。ベツレヘムのガルバリウム鋼板耐用年数実験

 ガルバリウム鋼板の耐用年数は、25年以上とこの実験結果で言っています。世界で唯一、実際の実験で公に耐用年数を規定したものになっています。SGLについては日本製鉄は規定していません。ただ、穴あき保証25年だけを言っています。(常識的には、耐用年数は保証年数より長い)

SGLの開発元である日本製鉄は、SGLは、ガルバリウム鋼板の3倍の耐食性があると言明しています。http://www.niscs.nipponsteel.com/products/sgl.html

 耐用年数の規定は、ありませんが日本製鉄のSGLの耐候性の実験などから、ガルバリウム鋼板より寿命は長いと思われます。性能表を書いてしまうと、はっきり書いてあるものしか比較できないので、注意が必要です。・・・ カタログ上の穴あき保証が同じ25年でもガルバリウム鋼板とSGLの耐用年数は同じではないと考えます。

SGLとガルバリウム鋼板の穴あき保証、耐用年数の考え方の詳しい考察

 

次はメッキ鋼板の塗装についてです。これも選ぶ際に重要な項目になります。

ガルバリウム屋根材の塗装について

 

ガルバリウム鋼板塗装工程

 次に重要は項目は、鋼板の塗装です。大きく2つあります。ポリエステル塗装とフッ素塗装です。

あれ?外壁塗装の業界では、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素樹脂塗料などがあるのに、屋根材の塗装は2種類。

 SGL、ガルバリウム鋼板の塗装は、工場での焼付け塗装です。焼付け塗装は、洗浄、メッキ工程と一貫で行われ、塗料を塗布したあと、100℃以上の高温層に入れて鋼板に化学反応を起こさせ、塗料と鋼板を結合させ、外での塗装より強い塗膜を形成できます。これが焼付塗装です。

SGL、ガルバリウム鋼板で使われる焼付塗料は、現在ポリエステル塗料とフッ素樹脂塗料です。各社の塗膜保証で、ポリエステルでは15年、フッ素塗装で、20年となっていて、塗装面での違いになっています。フッ素塗装は高価ですが寿命の長い製品になります。

断熱材について

 最後に、屋根材のガルバリウム鋼板は、断熱材が標準で付加されていることが多いです。その厚さ、おおよそ10mm程度。効果はあるのか?良く効かれますが、

 

 

産業の要である鉄を作っているメーカー所謂製鉄会社は高炉メーカーですが、この他に電炉メーカーも存在する、電炉メーカーとは、鉄くずを電気炉によって鉄を再生産する意味で、高炉メーカーとは区別される。鉄を鉄鉱石、ボーキサイトなどから生産する高炉メーカーは日本では、2020年5月時点では次の4社:

  • 日本製鉄株式会社(旧・日鐵住金鋼板株式会社)
  • JFEスチール株式会社
  • 日鉄日新製鋼株式会社
  • 株式会社 神戸製鋼所

鉄を鉄鉱石から生産しているのは、日本では以上の4社、日鉄日新製鋼は、元日新製鋼で日本製鉄に吸収合併していますが、社名を日鉄日新製鋼と改称し日本製鉄の傘下で操業しています。

日本の高炉会社は、正確には3社と言うべきかもしれません。

 

SGLとガルバリウム鋼板の穴あき保証、耐用年数の考え方の詳しい考察

 

 

以上になります。

 

-ガルバリウム鋼板

© 2021 屋根葺き替え・屋根工事お助け隊 Powered by AFFINGER5