セキスイ瓦U撤去フッ素のガルバリウム鋼板で屋根葺き替え

投稿日:

瓦Uの屋根葺き替え/瓦U撤去後ガルバリウム鋼板・横暖ルーフへ

15年前、スレート屋根を瓦Uにてカバー工法でリフォーム済の屋根です。今回はカバー工法が二回使えないので、瓦U、スレートを撤去して、新たにガルバリウム鋼板の葺き替え工事です。瓦Uは15年で下の写真のように劣化してしまいました。

瓦Uは、素材としては、アスベストの問題があってアスベストを無くした新しいスレート材料としてセキスイが自信を持って発売した当時の新商品でした。しかし、やはりアスベストの代わりの素材はできなくて、耐用年数にかなりの問題があり、10年前後で交換というお客様がいらっしゃいます。この場合は見栄えが汚くなってしまったのが葺き替えの大きな原因です。

瓦Uの劣化1

雨漏り的には表面の塗装、保護材料の劣化によって瓦Uの素地が見えてしまっています。その色が白なので、余計に劣化が目立ちます。ここの塗装と保護材料がなくなっている箇所から更に水が侵入し、材料の劣化を加速させると思われます。いずれにしてもこの劣化は塗装などで食い止められるものではありません。そして二階部分は元スレート屋根だったのを瓦Uでのカバー工法での工事ですので、瓦Uと下のスレート材を撤去して新たにガルバリウム鋼板(さいわいルーフ:さざなみ、断熱材なし)を施工しました。一階はスレート材でしたので、そのままカバー工法での工事になっています。

 

瓦U劣化拡大写真

瓦U劣化の拡大写真:

左の写真:カビにやられた瓦U本体部分、瓦Uは瓦に似た材料ですが、スレート材なので、瓦より軽い材料です。左の様子は瓦にもカビがつくことがありますので、瓦と区別がつきません。右の写真は、同じ本体ですが、こちらは白くなっている部分は瓦Uの地肌、材料自身が見えている箇所で、塗装と保護材料が劣化し、剥がれています。下にも更に拡大した写真があります。ここは既に塗装は効かず、そのまま放置するか、交換です。

瓦U一枚の拡大写真

右の写真では、表面の塗装と保護材料が割れて中身(白い部分)が見えています。すでにアスベストが問題になっていましたので、それに変わる鉱物繊維を使用し、白いものは石膏に似た素材と思われます。この中身を潰してみると、繊維状のものがありそれを石膏のようなもので固めた材料です。すでにかなりもろくなっています。

瓦Uヒビの拡大写真

ヒビ、カビ、剥がれの様子拡大写真:

 

葺き替え材料:

さいわいルーフ/さざなみ、断熱材なしのガルバリウム鋼板での葺き替え

価格のこともあり、少し高い断熱材付の横暖ルーフやガルテクトではなく、フッ素塗装で価格の優しいさいわいルーフ/さざなみをお客様は選択されました。この価格でフッ素塗装の材料は珍しいです。このメーカーの特徴になります。下の写真は二階部分:ガルバリウム鋼板での葺き替え完成写真です。

ガルバリウム鋼板葺き替え1

 

二階部分の拡大写真:

ガルバリウム鋼板拡大

 

一階の屋根部分写真、棟からの撮影です。

大棟から東のガルバリウム鋼板屋根

 

同じく一階部分、谷部分を含む大棟の写真:

東側屋根

 

一階の完成写真:

家の裏側屋根

 

さいわいルーフ/さざなみの拡大写真:

ガルバリウム鋼板施工拡大写真

 

東側からの全景:二階部分と一階部分

家の東側全景

 

一階のガルバリウム鋼板施工

ガルバ施工後拡大

 

同一階部分の完成写真です。

ガルバ施工後東棟の大棟部分

 

瓦Uの葺き替え工事費用

2階: 瓦Uを撤去し、その下のスレートからガルバリウム鋼板へカバー工法
1階: そのままスレートの上からガルバリウム鋼板のカバー工法

の全施工費用です。

セキスイ瓦U、撤去費用(2階):¥1,800/㎡ X 68㎡ =¥122,400

廃材処理費用:¥50,000(一式の費用)

ルーフィング(1階、2階):¥500/㎡ X 143㎡ =¥71,500

日本ルーフ、フッ素塗装ガルバリウム鋼板
本体施工、材料込:¥4,900/㎡ X 143㎡ =¥700,700

棟板金、雨押え、けらば
その他部品施工費用:¥120,000-

雪止め:¥700/個 X 30個 =¥21,000

諸経費 ¥70,000

工事合計:¥1,155,600

税込み費用合計:¥ 1,248,048

 

 

-屋根葺き替え
-, , ,

Copyright© 屋根葺き替えを成功させるには , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.