屋根工事の質問

屋根断熱、天井断熱、断熱に良い工法、断熱材とは?

投稿日:

屋根の断熱は天井断熱/天井断熱のすすめ

屋根の工事をしていて、断熱に関する質問・相談も多いです。お客様の相談は夏の暑さ対策は、どのような屋根材が良いのか?瓦からガルバリウム鋼板へ屋根を葺き替えたいが、金属屋根は夏相当暑くなるのではないだろうか?何か対策はないか?ガルバリウム鋼板の断熱材はどの程度有効か?断熱材は付けるべきか?ガルバリウム鋼板の断熱材をもっと厚いものに替えれないか?等々。

そこでここでは具体的な質問ではないのですが、屋根付近での断熱、その方法、材料について解説します。お客様に回答したものばかりで、ここではそのまとめです。きっと役立つ情報と自負しています。

2つの断熱方法:天井断熱と屋根断熱

天井断熱、屋根断熱の概念図

左は天井断熱で屋根裏があればそこに断熱材(お薦めはセルロースファイバー)を敷き、部屋と天井裏とを熱的に隔離をする方法です。費用的に最も効果の高い断熱方法で、夏は屋根からの太陽エネルギーを部屋に入れない、遮断する断熱方式です。またエアコンの冷気を屋根から逃がさない効果は絶大です。部屋を断熱する材料、工法は他にもありますが、それはここではテーマからズレるので別ページで言及します。

右は屋根断熱で、費用は天井よ安く出来ますが、効率がいまいちです。断熱材を屋根材とは別に施工する、断熱材付のガルバリウム鋼板を使う、スレート屋根ではカバー工法で断熱をする、通気工法を採用する。等です。別ページでは屋根材による断熱の様子、温度変化の様子を測定したデータを載せていますので、更に参考になると思います。

例:通気工法とガルバリウム鋼板単体との温度グラフ:

通気工法とガルバリウム鋼板の温度比較

各屋根材の断熱性能の比較は

断熱の効率を思うと、屋根断熱は左の天井断熱にはかないません。

それは、断熱をする範囲が狭く、外界に接する面が極力すくない、熱の出入りが少ないからです。右の屋根断熱は、夏はエアコンで天井裏まで冷やさなければなりません。天井で区切ってあるとはいっても天井裏の暑い空気も部屋と同じに冷房することになります。その分余計にエアコンを消費します。

冬はもっと分かりやすいです。天井裏、屋根の際まで温めなければ部屋全体が暖かくなりません。余計な必要のない箇所まで意図していないのにも関わらずエネルギーを使ってしまいます。これで屋根断熱は効率がすこぶる悪いのです。

左の天井断熱は、天井に十分な断熱をすれば、そこで熱の出入りを遮断できて、夏はエアコン、冬は暖房をする範囲が狭く、熱の出入りが少ないからです。部屋と屋根裏を熱的に遮断することで屋根裏は暑かろうが寒かろうが部屋とは一切熱の出入りがないのでここにエネルギーを使う必要がありません。

当然屋根材を断熱を考慮して選ぶ必要もなくなります。また湿気もここで遮断するので、屋根裏に結露の発生も防げます。もし天井に施工した断熱材付近に結露してカビなどが発生したらどうするのか?が心配なら、その湿気を吸収して排出できる断熱材料を選べばよいのです。セルロースファイバーがこの機能を持っています。下記参照

ですから屋根断熱の相談では、天井断熱をお薦めするのですが、あまり聞いてもらえません。残念

 

上記のことは壁、床の断熱がされているという大前提でのお話、理論です

書かなくても当たり前のように話をしていますが、壁の断熱が全くされていなくてスカスカの場合や床の断熱が全くされていなければ、屋根だけ一生懸命断熱をしても徒労に終わってしまいます。

また、窓も非常に問題でここから熱の多くが出入りします。エアコンの効きが悪い、暖房の効率が悪いのは、壁の断熱性能の悪さばかりではなく、窓の断熱性能に起因している場合もあります。二重サッシでも効率がそんなに良くありません。3重のサッシでしかも枠が金属ではなく断熱性能の良い樹脂などをお考えください。屋根の葺き替えをするとき、屋根ばかりに目が行きますが、家の断熱は屋根だけでは解決しません。

または屋根だけで断熱を成功させようとしても多分失敗します。屋根屋は「屋根の断熱をしっかりやれば部屋の断熱は成功です」・・・こんなことを言う営業に騙されないでください。ですから屋根にそんなに断熱の為にお金をかけないでください。もし断熱を真面目に考えるのなら壁、床、窓もいっしょに断熱性能を上げないと効果がありません。

 

参考:私の家に採用している断熱材です。家の壁、天井、床に施工しています。

(私はこのセルロースファイバーの会社の回し者ではありません。念の為)

 セルロースファイバー:

 セルロースファイバーは、アメリカで50%以上のシェアーがある優れた断熱材で、原料は新聞紙です。新聞紙は木から生成します。加工はされていますが、木の繊維は生きていますので断熱の作用だけではなく、湿気を吸収、放出をしてくれるのです。つまりこれを家の壁、天井裏、床に隙間なく施工したら、結露、カビも防げるのです。家の断熱材で一番有名なグラスファイバーですが、化学物にはできない機能をこの木繊維であるセルロースファイバーはやってしまいます。お薦めです。でもちょっと高い。

セルロースファイバー綿状

 

まとめ

 屋根付近、屋根の断熱では屋根断熱より天井断熱がおすすめです。しかし、これは他の箇所壁、床、窓の断熱がしっかりしているという前提があります。

 

-屋根工事の質問
-, , ,

Copyright© 屋根葺き替えは屋根工事お助け隊まで , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.